スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナニコレ珍百景に出演しました



画像は番組のHPからお借りしました。
本文抜粋
<食虫植物のウツボカズラを食べる光景…。
食用のウツボカズラというものが存在し、
フタの閉じている状態のものを選んで
液体を捨てたウツボカズラにもち米や赤豆を詰めて蒸した
ウツボカズラの蒸しご飯を食べるのだそう。
さらに、ウツボカズラの自生地では食虫植物愛好家の人たちが
中に入っている消化液を飲むのだという>

9月29日放送のナニコレ珍百景(テレビ朝日)に出演しました。
ちょうど放送日に、隠岐の島に取材に行っていて
見られませんでしたが…。

俳優の岡本信人さんに、ウツボカズラとモウセンゴケの天ぷらを
つくっていただき
こちらは、うつぼかずら飯とモウセンゴケのサラダをお出ししました。
ウツボカズラ天は、酸味があり、肉厚で美味しいですよ。
お世話になった&場所を提供して下さった大谷園芸さん、
ダイエリアーナを提供して下さった太田園芸さん
無菌培養で育てた苗を提供して下さった中村さん
有難うございました。

スポンサーサイト

彼岸花

100925_1251~0001

100925_1250~0001

今年も近所に生えてきた彼岸花。
すごく好きな花です。
もう空は秋の色。
最近は、季節の変わり目がはっきりしていますね。

☆☆イベントのお知らせ☆☆

9月26日、大久保にあるちょっとディープなブックサロン オメガ で昆虫食愛好家の方々と
イベントをやります!

以下はオメガのイベント告知のコピペです。

☆☆☆

隔週サロンイベント~「Salon de noir」~P.4「奇食の宴~虫食への視線~」

「Salon de noir」Part.4は、オメガ木曜ママI.V.が開催いたします。。
今回のサロンドノワールは奇食、特に虫食に焦点を置いたイベントとなります。
予約制となります。


昆虫は古代より食べられてきた食材であり、世界で食用にされる昆虫の種類を集計すると1,200種にものぼるといわれています。

日本の昆虫食といえばハチノコや蝗などが有名ですね。

近年、昆虫食の注目度が爆発的にあがりました。それは、今後確実に訪れるであろう食料危機問題を救う手段として、昆虫食が見直されはじめたからです。


また、宇宙食として飼育面でも栄養面でも「蚕」がうってつけであるという報告もあります。

歴史ある食材かつ、新しい食文化の担い手となるかもしれない昆虫食を、この機会に是非味わいください。

初心者でも気軽に食べられるようなメニューも、逆に奇食マニアをも唸らせるようなメニューもご用意してお待ちしています。

お持ちよりも大歓迎です。

今回は昆虫料理研究家・第一人者の内山昭一さんがゲストとしていらっしゃいます。
内山さんを交え、たくさんの方と楽しく食事会ができたらと思います。

イベント当日はサロン内で以下のことを行います。

~ゲストの三人のご紹介~
 内山昭一さん(昆虫料理研究家)
 星野映里さん(食虫植物研究家)
 ムシモアゼルギリコさん(虫食ライター) 
 

~試食会~
 本日のメインイベント。
 お出しするメニューは以下の予定です。 

●ウツボカズラの天ぷら、揚げたマダゴキの幼虫を添えて
●セミ幼虫の燻製
●乾燥カイコ蛾のスナック
●蚕蛾の佃煮入りお結び
●蚕蛾、ざざむしの大和煮
●オオスズメバチ蛹のバターソテー

メインディッシュは【●●●●のスープ】
これは秘密にさせていただきます。
世界の一部地域では名物料理とされていますが、日本ではかなり希少な食材です。
ムシモアゼルギリコ様が大切に保管してらっしゃったものをわけてくれました。
是非ともご賞味ください。
お土産もご用意しております。


~交流会~


食事をしながら、ゲスト三人の方からお話をしていただきます。
ゲスト様達へのご質問などありましたら、この機会に是非是非聞いてみてください。
 


◆ゲストのご紹介◆

昆虫食研究家/内山 昭一さん
昆虫料理の第一人者といったらこの人。 
昆虫食に注目が集まる昨今、日本はもとより海外のメディアでも紹介されるほどの有名人。
イベント、テレビ、雑誌など、多方面のメディアで活躍中。ゲテモノ食として扱われがちな昆虫食を歴史的観点から捉え直し、高たんぱくで栄養価も高い、健康的な食材だという再認識を社会に促している。
内山さん主催の創作昆虫料理イベント“昆虫食のよるべ・ひるべ”は毎回満員で、なかなか予約がとれないほどの盛り上がり。“昆虫食のひるべ”は、今年の九月で開始から四年目を迎える。

内山さんのブログ「昆虫料理を楽しむ」
著書『楽しい昆虫料理』(ビジネス社)

食虫植物研究家/星野 映里さん
食虫植物の解説員や園芸季刊誌の連載、テレビ出演などもこなすマルチタレント。
星野さんのブログ「食虫植物繁盛記」
著書『大好き、食虫植物。―育て方・楽しみ方』


虫食ライター/ムシモアゼルギリコさん
フリーライター。内山昭一氏が主宰する昆虫料理研究会に参加し、イベントや雑誌等で昆虫食の普及活動を行っている。積極的に取り組んでいるテーマは「漫画に登場する昆虫食」。その“マンガの虫飯”活動の一環である“ゴキブリ粥作成動画”は衝撃的です。


ムシモアゼルさんのブログ「虫菓子小屋」

☆開催日
 九月二十六日(日)17時~22時   


☆料金
 チャージ料金3000円(ソフトドリンク・アルコール飲み放題)
 ※今回のイベントではソフトドリンク・アルコールのどちらも一律のチャージ料金です。

☆開催場所
 ブックサロン・オメガ
 ※当日はスタッフとして、木曜日夜ママのI.V.が担当させていただきます。

☆定員
 オメガのキャパシティを考えまして、20人ほどとさせていただきます。
 ご予約はお早めに。

夏を越えたピンギ

逝ってしまったピンギも数鉢の夏。
生き残ってくれたP. × 'Gina'
虫が捕まって、花芽が出ています。

100920_1530~0002

P.x Sethos

100920_1530~0003

U. dichotoma

100920_1530~0001

ですよね??

花ぐらし2010年秋号が出ました



花ぐらし2010年秋号が出ました
主な企画は、
・球根ガーデニングの新ワザ
・秋から育てるバラ
 失敗しない品種選びと植え方
・かんたんに育てて保存する オリーブ
・庭を華やかにする 秋のおすすめ草花
・話題沸騰! 米ぬかパワーで地力アップ
・秋色の寄せ植え
・景色盆栽を愉しむ

・花と野菜をいっしょに楽しむ
 目と舌で楽しむポタジェ
・自然の力でガーデニング
・ベニシアさんの やすらぎのハーブ暮らし
・柳生真吾の里山園芸

そして、今回わたしは、多肉植物の寄せ植えに関する記事を書かせていただきました。
タイトルは『秋を彩るオーナメント・プランツ』です。(P 72~6ページ)
紅葉した多肉植物を使った寄せ植えの提案で、さまざまなコンテナで
おしゃれにディスプレイしています。
ぜひご覧下さい。


制作、監修は「Buriki no Zyoro」オーナーの勝地末子さん
「Buriki no Zyoro」は自由が丘にある園芸店で、多肉植物を中心とした
植物を販売しています。勝地さんは、定期的にヨーロッパにアンティークの園芸資材を買い付けに行かれているとのこと。
こだわりの鉢、園芸資材が店内に並べられ、お店全体が美術作品のようです。


※小林さんの景色盆栽、柳生真吾さんの「どんぐりを発芽させて育ててみよう!」
「育てて味わう オリーブ」企画も面白かったです。
オリーブを自分で漬けてみようかと思いました。

尾瀬探索

週末(9月11日・12日)は尾瀬に行ってきました。
探索ルートは、沼山峠→沼尻→尾瀬沼
あいにくの雨模様でしたが、その分気温が低く、トレッキングするのには
楽でした。山道脇に自生していた
Drosera rotundifolia
よく見ると、いたるところに生えています。



1187684_601763090_50large_convert_20100914103724.jpg




Drosera anglicaの群生。
赤く色づいて、きれい!!
Drosera rotundifolia よりも水の多いところを好むようです。

1187684_601763089_183large_convert_20100914103702.jpg

1187684_601763075_223large_convert_20100914103513.jpg

水苔も大量に生えています。

探索隊の皆様。
1187684_601763088_29large_convert_20100914103631.jpg

最高でした。
また行きたいな!!

永田農法お手伝い

屋上ガーデンで永田農法のお手伝いです

100913_1712~0001

手前が白イチジク。ふつうのイチジクより甘くて美味しい品種。
奥が柑橘系の果樹です。

100913_1712~0002

猛暑でも元気なカレーリーフツリー。
さすがカレーリーフです。

100913_1718~0001

オレガノ。ハーブバターにしたところ
美味しかった。

100913_1717~0002

ピンぼけですが、オリーブの実がなっていました。
ところで、、、ベリー類の調子が悪いです。葉が一部茶色くなり
部分的に枯れている枝もあります。どうしたもんだろう??
プロフィール

星野 映里(HN ぐる猫)

Author:星野 映里(HN ぐる猫)
2008年4月に食虫植物の本を上梓しました。
『大好き、食虫植物。~育て方・楽しみ方~』

(出版社:水曜社 )
表紙
初心者による初心者のための栽培読本です。
食虫植物をはじめて育てるという方にぜひ
読んでいただきたいと思って、書きました。

詳細はこちら


※ガーデニング雑誌『花ぐらし』(家の光協会)で、2009年3月16日発売・春号から、連載「マジカル・プランツに恋して」がはじまりました。ぜひご覧下さい。



お仕事・取材を、随時受け付けております。お問い合わせは
e_hoshino@mac.comにお願いします。

mixiやっています。




【略歴】
1978年8月生まれ。東京都出身。高校在学中に文芸ミニコミ誌を創刊。作家を志し、早稲田大学第二文学部に入学。中退後、人生も迷走。2005年に食虫植物との劇的な出会いを果たす。同年、JCPS(日本食虫植物愛好会)の存在も知り、会員になる。2006年~横浜ガーデンセンター・サカタのタネ、池袋サンシャイン世界の蘭展with食虫植物、川崎市幸区民祭り、piga画廊食虫植物展にて栽培 解説員を務める。
2007年 タモリ倶楽部に「食虫植物マニア」として出演。
2008年 『大好き、食虫植物。~育て方・楽しみ方~』上梓。
     朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、東京新聞、中日新聞、週刊ファミ通、月刊アクアライフで書評掲載。
     産経新聞に食虫植物記事とともに、本が紹介される。
     「FM NACK 5」のNACK AFTER 5に出演。
     関西テレビ「ナンボDEなんぼ」に出演。
     J-WAVE GOOD MORNING TOKYOで紹介される。
    実話ナックルズで食虫植物グルメの記事執筆。
    北海道新聞で本とグッズが紹介される。
 2009年 園芸季刊誌『花ぐらし』(家の光協会)にて、「マジカル・プランツに恋して」連載スタート
    TSUTAYAフリーペーパー「VA」の「今チューモクの人々」に出演。
   
2010年  東京新聞「サブカル入門」にて取り上げられる。
    『PCfan』5月発売号にて、取り上げられる。
    excite、mixiニュースで取り上げられる
    JFM「デイリーフライヤー」に出演
    朝日放送「おはよう朝日です」に出演
    阿佐ヶ谷ロフト北芝健presents 「北芝健の他では絶対に聞けない話!」に出演
    読売関西テレビ「大阪ほんわかテレビ」に出演。
    ブックサロンオメガにて、「Salon de noir」~P.4「奇食の宴~虫食への視線~」イベントに出演。
    テレビ朝日「ナニコレ珍百景」(9月29日放送)に出演。



☆書評サイト運営しています。
紙を食べるサカナ





ランキング参加しています↓↓↓↓



にほんブログ村 花ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BP
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。