スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩をしていたら

今日、近所を散歩していたら
空き地に彼岸花が咲いていました。

080917_1719~0001

彼岸花はお墓の周りによく生えて、死者の血を吸うから
赤く咲くんだよ、と友だちに脅されたのを覚えています。

嘘ばっかりと思ったら
こんな記述が

鱗茎にアルカロイド(リコリン)を多く含む有毒植物。誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたる。水田の畦(あぜ)や墓地に多く見られるが、これは前者の場合ネズミ、モグラ、虫など田を荒らす動物がその鱗茎の毒を嫌って避ける(忌避)ように、後者の場合は虫除け及び土葬後、死体が動物によって掘り荒されるのを防ぐため、人手によって植えられたためである。 この毒は長時間水に晒せば抜くことが可能であり、鱗茎は澱粉に富んでいるため、救飢植物として第二次世界大戦中などの戦時や非常時において食用とされた事もあり、日本テレビの『所さんの目がテン』では当時のレシピを使用しての食用実験をしたことがある。ただし、万全な準備の上専門家の指導の元で行われた実験であり、実際に同様のことを行った場合、毒抜きの時間が不十分であったり、長期間食して毒物が蓄積したために中毒を起こす危険があるため、絶対に真似してはならない。また、花が終わった秋から春先にかけては葉だけになり、その姿が食用のノビルやアサツキに似ているため、誤食してしまうケースもある。(wikiより転載)

異名が多く、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)
(wikiより転載)

血を吸うわけではないけれど、墓の周りに植わっていたのには理由が
あったんですね。ほうほう。
少しだけ賢くなった気がする。

日本では不吉であると忌み嫌われる花だそうですが
私は好きです。
赤くて、とてもキレイ。




ところで、この花はなんでしょうか??

665748_693507048.jpg
彼岸花に形が似ていて白×ピンクの花です。

新潟にたくさん咲いていました。




彼岸花のそばにキノコも生えていましたよ。
080917_1720~0001

この前、狸が歩いているのも見たし、横浜もまだまだ自然が残っているんですね。
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

KAPPAさんにおしえていただき
判明しました。
クレオメという花だそうです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/cleome.html

笑むことも 自傷のひとつ 曼珠沙華
田中亜美さんという俳人の作なんですが、これなんか彼岸花でないとできない句だと思います。でも僕もこの花好きです。

ヒガンバナ、毎年秋祭りの頃に実家の周囲でたくさん咲いてます。うちの実家の辺りではなぜか墓地ではあまり見かけません。小学校低学年の頃は軽い力で茎がポキンと折れるのが面白くて、道端に生えているのを時々同級生と傘でなぎ倒して遊んでました(爆)。

>ことぶきさん
いい句ですね。
笑むことが自傷、確かに。すごく繊細な表現ですね。他の花では合わないんでしょうね。
彼岸花って赤い色が放射線に伸びていて、キレイだけど毒がある感じがします。そこがまたいいんでしょうね。


>Khelljuhgくん
ご実家の周りに、たくさん咲いているんですか。私が育ったところは、空き地も少なく彼岸花を見たのは、小学校の臨海実習先でした。「死者の血を吸うから
赤く咲く」というのは、夜の怪談で友人が言ったんです。折るほど群生しているのは羨ましい(笑)

俺も…

彼岸花が好きです
素直に綺麗に咲くその花は亡くなった方やその遺族の心を癒してくれるんだと思いますけど…そんな由来がいっぱいあるんですね…
今日も勉強になりました

>dogさん
彼岸花、キレイですよね。
今日、お彼岸の手伝いを花屋でしてきました。
鶏頭も彼岸花のように癖のある花ですが、たくさん使いました。
植物がまっすぐに伸びているのを見ると、生きている人間だけではなく、死者でさえも癒される気がしますね。
プロフィール

星野 映里(HN ぐる猫)

Author:星野 映里(HN ぐる猫)
2008年4月に食虫植物の本を上梓しました。
『大好き、食虫植物。~育て方・楽しみ方~』

(出版社:水曜社 )
表紙
初心者による初心者のための栽培読本です。
食虫植物をはじめて育てるという方にぜひ
読んでいただきたいと思って、書きました。

詳細はこちら


※ガーデニング雑誌『花ぐらし』(家の光協会)で、2009年3月16日発売・春号から、連載「マジカル・プランツに恋して」がはじまりました。ぜひご覧下さい。



お仕事・取材を、随時受け付けております。お問い合わせは
e_hoshino@mac.comにお願いします。

mixiやっています。




【略歴】
1978年8月生まれ。東京都出身。高校在学中に文芸ミニコミ誌を創刊。作家を志し、早稲田大学第二文学部に入学。中退後、人生も迷走。2005年に食虫植物との劇的な出会いを果たす。同年、JCPS(日本食虫植物愛好会)の存在も知り、会員になる。2006年~横浜ガーデンセンター・サカタのタネ、池袋サンシャイン世界の蘭展with食虫植物、川崎市幸区民祭り、piga画廊食虫植物展にて栽培 解説員を務める。
2007年 タモリ倶楽部に「食虫植物マニア」として出演。
2008年 『大好き、食虫植物。~育て方・楽しみ方~』上梓。
     朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、東京新聞、中日新聞、週刊ファミ通、月刊アクアライフで書評掲載。
     産経新聞に食虫植物記事とともに、本が紹介される。
     「FM NACK 5」のNACK AFTER 5に出演。
     関西テレビ「ナンボDEなんぼ」に出演。
     J-WAVE GOOD MORNING TOKYOで紹介される。
    実話ナックルズで食虫植物グルメの記事執筆。
    北海道新聞で本とグッズが紹介される。
 2009年 園芸季刊誌『花ぐらし』(家の光協会)にて、「マジカル・プランツに恋して」連載スタート
    TSUTAYAフリーペーパー「VA」の「今チューモクの人々」に出演。
   
2010年  東京新聞「サブカル入門」にて取り上げられる。
    『PCfan』5月発売号にて、取り上げられる。
    excite、mixiニュースで取り上げられる
    JFM「デイリーフライヤー」に出演
    朝日放送「おはよう朝日です」に出演
    阿佐ヶ谷ロフト北芝健presents 「北芝健の他では絶対に聞けない話!」に出演
    読売関西テレビ「大阪ほんわかテレビ」に出演。
    ブックサロンオメガにて、「Salon de noir」~P.4「奇食の宴~虫食への視線~」イベントに出演。
    テレビ朝日「ナニコレ珍百景」(9月29日放送)に出演。



☆書評サイト運営しています。
紙を食べるサカナ





ランキング参加しています↓↓↓↓



にほんブログ村 花ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BP
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。