スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産経新聞に食虫植物が特集されていました。

産経新聞の朝刊で大きく、食虫植物のことが特集されています。

080814_2035~0001

食虫植物 若い女性に…なぜか人気 栽培指南書も今年“復活”


多くの植物が動物や昆虫の餌になっている中で、逆に虫をおびき寄せては餌食にしてしまう「食虫植物」。妖(あや)しい生態やユニークな姿が若い女性や中年男性を中心に数年前から人気となっており、春以降には3冊の栽培指南書も出版された。こんな食虫植物の栽培事情をのぞいた。

 虫が葉の内側に入った途端、ハエトリソウの2枚の葉が貝のように素早く閉じた。この様子を見ていた子供たちが「わーっ」と歓声を上げる。東京都板橋区立熱帯環境植物館での食虫植物講座のひとこまだ。

 喜多内亮君(9)の後ろで、熱心に栽培法をメモしていた父親の智さん(43)は、3年前にハエトリソウを買ったものの、2カ月で枯らした経験がある。「クモを餌にしていたんですが、乾燥しすぎて駄目だったんでしょうね。次は頑張ります」と、楽しそうだ。

 植物館の担当者の小林逸子さんは「食虫植物講座は特に人気があります。やはり食虫植物の栽培法は情報が少ないですからね」。

 この日の講師で会社員の坂本匡一さん(55)はラン栽培から食虫植物へ転向して12年。「僕の栽培経験を元に話したのですが、育ててみようと思ってくれればうれしい」と話す。

 葉先に壷(つぼ)がぶら下がっていたり、全身を粘液で輝かせたりと多種多様な食虫植物だが、図鑑や写真集はあっても、栽培情報は少ない。12年前に唯一出版された指南書もすでに絶版になっていた。

 それが、数年来の人気で栽培する人が増えたこともあって、今年4月に『大好き、食虫植物。』(星野映里著)が水曜社から発刊された。同社には「指南本がなく困っていた」と読者から反響が寄せられているという。さらに6、7月にも2冊が出版され、うち『食虫植物育て方ノート』を出した白夜書房も「企画段階は書店の反応は悪かったんですが、今は販売員さんも『私も育ててます』と好意的です」という。


 『食虫植物育て方ノート』の著者、田辺直樹さん(45)は星野さんとは“食虫植物仲間”。「今年は食虫植物の当たり年かもしれませんね」と話す。

 田辺さんは愛好家歴35年以上という食虫植物のベテラン。十数年前からは、輸入した食虫植物を実費で希望者に鉢分けして普及に努め、会員約800人の「日本食虫植物愛好会」を主宰する。本業は大原簿記学校講師でありプロの手品師でもある。自宅で食虫植物を200種以上を栽培するが、あくまで趣味で「何万鉢枯らしたか分からない」。そして「初心者は室内のテレビや机の上に置いて枯らしてしまったとか。ホビー、おもちゃ的になってしまうんでしょう」と指摘する。

 食虫植物は温帯地域にも分布し、千葉県山武市や尾瀬ケ原など国内に自生地もある。自生地の湿地に近い環境にするため、栽培する鉢は日当りのいい場所に置き、数センチの水を張った皿に鉢を入れる「腰水」で育てるのが基本になるものが多い。虫がいなくても大丈夫だ。「植物なので光合成できちんと育ち、肥料をやると捕虫葉が退化するので与えない方がいい」

 初心者に人気のハエトリソウは「葉を閉じるだけで相当のエネルギーを消費する。餌もないのに触って葉を繰り返し開閉させると、弱って枯れてしまう」ので要注意だ。

 田辺さんは「最近は国内でも栽培業者が増えており、夏はホームセンターなどでも購入できる。温室がなくても越冬する品種もある。ちょっとしたコツが分かれば難しくない。恐れず挑戦してほしい」と話している。
(2008/8/14 産経新聞)

田辺さんの紹介、狂さんが講師を担当した即売会の状況などが記事になっています。
私の本のことも紹介されていて、嬉しいです。
食虫植物にますます注目が集まるでしょう。これからが非常に
楽しみです。
盛り上げるように、頑張っていこうと思います。
スポンサーサイト

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

comment

Secret

質問

初めてお便りいたします。
子供(小4)がなぜか小さい時から食虫植物好きで、この夏は小遣いをつぎ込んで食虫植物集めをしております。
その中で、毛せんゴケと虫取りスミレの粘液が出ていないので、原因をさっぐてほしいとのことでお便りした次第です。
私は「個体差があるからだろう」と説明したのですが、本人が納得しなくって弱っています。
もしお構いありませんでしたら、アドバイスを頂きたく存じます。

>sports-oyajiさん
こんにちは。種類にもよると思いますが、モウセンゴケとムシトリスミレ(特にモウセンゴケ)は、状態がよいときに、粘液を出しています。
湿度が足りない、もしくは株が弱っていることはないでしょうか??
何の種類で、どんな環境で栽培しているのか教えていただければ、もっとアドバイスできるかもしれません。

質問つづき

早速のお答え有り難うございます。
子供に確認したところドロセラ・カペンシスの白花であることが分かりました。環境は暑くなる時間帯には直射日光が当たらないように家の東側の地面におき、水分は毎日やっているそうです。
ダンゴムシなんかもとりあえず寄っていないようです。

>sports-oyajiさん
栽培環境としては問題ないように思います・・・??
地面は土でしょうか?直接置くよりも、受け皿を置いて、腰水をしてあげると良いと思います。もうされてますでしょうか??
プロフィール

星野 映里(HN ぐる猫)

Author:星野 映里(HN ぐる猫)
2008年4月に食虫植物の本を上梓しました。
『大好き、食虫植物。~育て方・楽しみ方~』

(出版社:水曜社 )
表紙
初心者による初心者のための栽培読本です。
食虫植物をはじめて育てるという方にぜひ
読んでいただきたいと思って、書きました。

詳細はこちら


※ガーデニング雑誌『花ぐらし』(家の光協会)で、2009年3月16日発売・春号から、連載「マジカル・プランツに恋して」がはじまりました。ぜひご覧下さい。



お仕事・取材を、随時受け付けております。お問い合わせは
e_hoshino@mac.comにお願いします。

mixiやっています。




【略歴】
1978年8月生まれ。東京都出身。高校在学中に文芸ミニコミ誌を創刊。作家を志し、早稲田大学第二文学部に入学。中退後、人生も迷走。2005年に食虫植物との劇的な出会いを果たす。同年、JCPS(日本食虫植物愛好会)の存在も知り、会員になる。2006年~横浜ガーデンセンター・サカタのタネ、池袋サンシャイン世界の蘭展with食虫植物、川崎市幸区民祭り、piga画廊食虫植物展にて栽培 解説員を務める。
2007年 タモリ倶楽部に「食虫植物マニア」として出演。
2008年 『大好き、食虫植物。~育て方・楽しみ方~』上梓。
     朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、東京新聞、中日新聞、週刊ファミ通、月刊アクアライフで書評掲載。
     産経新聞に食虫植物記事とともに、本が紹介される。
     「FM NACK 5」のNACK AFTER 5に出演。
     関西テレビ「ナンボDEなんぼ」に出演。
     J-WAVE GOOD MORNING TOKYOで紹介される。
    実話ナックルズで食虫植物グルメの記事執筆。
    北海道新聞で本とグッズが紹介される。
 2009年 園芸季刊誌『花ぐらし』(家の光協会)にて、「マジカル・プランツに恋して」連載スタート
    TSUTAYAフリーペーパー「VA」の「今チューモクの人々」に出演。
   
2010年  東京新聞「サブカル入門」にて取り上げられる。
    『PCfan』5月発売号にて、取り上げられる。
    excite、mixiニュースで取り上げられる
    JFM「デイリーフライヤー」に出演
    朝日放送「おはよう朝日です」に出演
    阿佐ヶ谷ロフト北芝健presents 「北芝健の他では絶対に聞けない話!」に出演
    読売関西テレビ「大阪ほんわかテレビ」に出演。
    ブックサロンオメガにて、「Salon de noir」~P.4「奇食の宴~虫食への視線~」イベントに出演。
    テレビ朝日「ナニコレ珍百景」(9月29日放送)に出演。



☆書評サイト運営しています。
紙を食べるサカナ





ランキング参加しています↓↓↓↓



にほんブログ村 花ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BP
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。